{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

萎凋煎茶

¥1,600 税込

送料についてはこちら

==================== ▶美濃加茂茶舗の「萎凋(いちょう)煎茶」とは? ==================== 一般的な煎茶は、茶葉が萎れる前に、収穫後すぐに蒸して酸化酵素の働きを止めて作られますが、「萎凋煎茶」は、収穫後一晩熟成し微発酵させることで、花のような独特の香りをもつお茶になります。 美濃加茂茶舗の「萎凋(いちょう)煎茶」は、あえて香りをつけようと製法を工夫した萎凋煎茶ではなく、昔の茶農家さんの営みの中で自然に生まれた、昔ながらの香りを再現したお茶です。 今のように大型製茶機械がなく、昼間に収穫した茶葉をその日のうちに、全て製茶(お茶を保存のきく状態まで製造・加工すること)することができなかった時代。製茶しきれなかった茶葉は、次の日の製茶まで茶葉が傷まないように、なるべく涼しいところで静置して一晩保管しました。 その季節の東白川村の気温は約3℃。この気温では、茶葉は僅かにしか萎凋(発酵)しません。 こうしてできた花のような香りはありつつ、ほのかに新鮮味が残る爽やかな口当たりのお茶は、東白和村の代名詞のような存在となっていきました。 【お茶の分類について】 お茶の葉は、酸化酵素の働きにより、収穫後した直後からゆっくりと萎れて発酵していきます。製法や発酵度合いにより、緑茶、烏龍茶、紅茶といった種類に分けられます ==================== ▶味わいと香り ==================== 2年冷凍貯蔵して寝かした後、火入れをして仕上げています。 美濃加茂茶舗の他のラインナップと同様、一番茶のみを使用しているため、まろやかな旨味が味わえます。微発酵した華やかな香りとともに旨味豊かな味わいをお楽しみください。 ==================== ▶産地/生産者について ==================== 美濃加茂茶舗のお茶は「白川茶」発祥の地とされている岐阜県東部に位置する人口2,000人ほどの東白川村で栽培されています。 標高1,000m級の山々に囲まれ、総面積の9割が山林の東白川村。 朝夕の寒暖差が大きく、栽培限界と言われる標高約400〜700mの茶畑で育った茶葉は、濃厚な旨味と爽やかな渋みが調和した深みのある味わいと、清涼感のある”山の香り”が特徴です。 その特徴を生かすため、収穫後の蒸し時間を最低限に押さえた製法「、浅蒸し」を中心に仕上げています。火入れやブレンド(合組:ごうぐみ)は、東白川村の茶農家出身であり茶師の田口氏が監修しています。 【仕様】 ・サイズ <茶葉>幅11.0×高さ17.0×厚さ3.0(cm) ・内容量 <茶葉>50g ・賞味期限 10ヵ月(開封前) ※チャック付きアルミ袋を使用。開封後も安心して密閉できます。 【保存方法】 茶葉は「湿気・高温・紫外線・移り香」にとても弱いです。 チャックの口をしっかりと閉めて、食器棚や収納箱などの直射日光の当たらない冷暗所で保管してください。 【おすすめの淹れ方|ホットの場合】(1人分) 淹れ方動画:https://youtu.be/XW8zGdWUjN0 ① 1度よく沸騰させたお湯(約180ml)を湯のみなどの別容器に注ぎ、1分程度待ち湯冷ましをします(約 80°C)。 ② その間に小さじ2杯(約5g)の茶葉を急須に入れます。 ③ 湯気が穏やかに立つようになったら、茶葉を入れた急須にそっと注ぎ1分待ちます。 ④ 急須を振らずにゆっくり湯のみに注いだら完成。 最後の1滴まで注ぎ切ると2煎目もおいしく淹れられます。 (2煎目は1煎目より少し高めの90°Cくらいのお湯で、待ち時間は数秒) 【おすすめの淹れ方|水出しの場合】 ① 小さじ山盛り3杯(8〜10g)の茶葉をボトルに入れる ② 冷水500mlを注いで約2時間待つ。 ③ 飲む前にボトルを数回傾けて静かに茶葉を攪拌させたら完成。 【おすすめの淹れ方|オンザロックの場合】 淹れ方動画:https://youtu.be/EB1FJzvxF3g ① 1度よく沸騰させたお湯(約120mlの)を湯のみなどの別容器に注ぎ、1分半待ち湯冷ましをします(約 80°C)。 ② その間に小さじ山盛り2杯(約6~7g)の茶葉を急須に入れます。 ③ 湯気が穏やかに立つようになったら、茶葉を入れた急須にそっと注ぎ1分待ちます。 ④ 急須を振らずにゆっくり氷が山盛りに入ったグラスに注いだら完成。 【関連商品】 ▼miyama / 宝瓶(ほうひん) https://minocamo-chaho.shop/items/5e9f2d1abd217868dfef1c0e ■領収書の発行について 領収書発行希望のお客様は、ご注文の際、購入手続きの確認画面「備考」の欄に領収書希望の旨をお書きください。 宛名や但書に特にご指定がない場合は、宛名は「ご注文者様氏名」、但書は「商品代金」となりますので、ご希望がございましたら、その旨もご記入ください。 ※宛名無記名や「上様」などの、受取人名義が不明になる領収書は発行いたしかねますのでご了承ください。 ※ご指定がない限り、領収書はPDFファイルにてお送りいたします。