NEWS

【茶】「山の新茶2020」企画に込めた想い

新茶は、その年の最初に生育する新芽を収穫してつくられたお茶のことで、一番茶とも言われます。

新茶の収穫は、鹿児島などの温暖な地域から始まり、桜前線と同様に徐々に北上していきますが、標高の高い地域など平均気温の低い産地は収穫が遅くなります。

東白川村や川根のように標高500-600m級の標高の高い茶園では、太陽光が強く効率的に光合成が行われ、夜間にぐっと冷え込みます。それによってお茶の成長が非常に遅くなり、昼間蓄えた成分を夜間にあまり消費しないため、お茶は味も香りも豊になります。

その清涼感のある香りは「山の香り」と言われることもあり、特徴的な澄んだ香りのお茶になります。

しかしながら、収穫が遅いことによる弊害もあります。

新茶は、収穫期の早い地域のお茶から順番に値付けされ市場に出回るため、収穫の遅い地域の新茶ができる頃には、新茶の需要が減り、市場価格が付きにくくなるといった課題もあります。

高品質のお茶を生産しても、市場で十分に評価がされなければ、生産者の負担は大きく、持続可能な生産は難しくなっていきます。
(もちろん、必ずしも収穫が早いお茶だから高値で取引される、という訳ではありません)

日本茶の旬の時期に、山のお茶の香りとその美味しさを届けたい、ということで今回、新茶限定企画として「山の新茶 2020」と題し、岐阜県東白川村と同じく、山間地の茶産地である、静岡県の川根(かわね)の鈴木茶苑さんにお声がけして、美濃加茂茶舗の新茶とコラボ販売させて頂くことになりました。

鈴木茶苑は一風変わった個性的なお茶作りに取り組んでいて、ただ美味しいだけでなく「作り手によってこれほどまでに味や香りに個性が生まれるのか」と感じさせてくれる存在です。

そんな鈴木茶苑とコラボした企画として一緒にお茶をお届けすることで、お茶の面白さや新しい楽しみ方を提案できることに繋がると考えています。

「美濃加茂茶舗×鈴木茶苑」3種類の新茶をセットを通じて、
産地や作り手の個性が楽しめるお茶をご堪能ください!

商品の詳細内容については、下記の商品ページをご確認ください。

▶【美濃加茂茶舗×鈴木茶苑】山の新茶 2020(新茶3種×限定30セット)
¥3,800(税込)
・美濃加茂茶舗「新茶 2020」50g
・鈴木茶苑「おくひかり」30g
・鈴木茶苑「ふじみどり」30g
※全国一律送料込み価格。
※6月19日以降に順次発送いたします。

▶「新茶 2020(数量限定)」50g
¥1,600 税込
※6月19日以降に順次発送いたします。