NEWS

【申し込みは11/3(水)まで】定期便11月号|東白川村と三重県産の異なる特徴の「かぶせ茶」飲み比べセット


11月号は
岐阜県東白川村と三重県四日市市水沢(すいざわ)町の
個性の異なる2種類の「かぶせ茶」をお届けします

─目次─
(1)11月にお届けする茶葉のご紹介
(2)定期便の配送周期と特典
(3)先月から始まった新規入会特典と「美濃加茂茶舗便り」

**********
(1)11月にお届けする茶葉のご紹介
**********
11月は、美濃加茂茶舗のお茶が栽培される岐阜県東白川村と、「かぶせ茶」の生産量が日本一を誇る三重県四日市市水沢町(すいざわちょう)で栽培された2種類の「かぶせ茶」をお届けします。

🍵かぶせ茶とは?

ワラや寒冷紗などの遮光資材で1週間〜14日ほど茶園を覆い、直射日光をさえぎって育てたお茶のことをかぶせ茶といいます。

新芽が日光を浴びることで、旨味成分の「アミノ酸」は渋み成分の「カテキン」へと変化します。
そのため、直射日光をさえぎって育てたかぶせ茶は、覆いをかけない煎茶に比べ、渋みが少なく、旨味の豊富な味わいが特徴のお茶になります。

-------------------------------------

🌿かぶせ茶(東白川村)

標高600〜700mの茶畑で栽培された美濃加茂茶舗のかぶせ茶は、一般的なかぶせ茶と比べて、清涼感のある爽やかな味わいが特徴。

覆い香(おおいか)と言われるかぶせ茶特有の青海苔のような香りと、まろやかな旨味がありつつも、標高が高い茶園で育ったお茶ならではの「山の香り」が感じれる"東白川村のお茶らしい"味わいが楽しめます。

🌿三重かぶせ茶(マルシゲ清水製茶)

かぶせ茶の生産量が日本一の三重県四日市市水沢町(すいざわちょう)の茶農家、マルシゲ清水製茶さんのかぶせ茶は、濃厚な旨味でコクのある力強い味わいが特徴。

70℃以下の低温で1分以上かけてじっくり淹れると、お茶とは思えないほどの出汁のような凝縮された旨味を堪能することができます。ぜひお試しください。

同じ種類のお茶でも栽培される産地や製法、ブレンドや火入れなどの仕上げ方法によってその味わいは変化します。東白川村と水沢町、それぞれ異なる味わいのかぶせ茶をぜひお楽しみください。

**********
(2)定期便の配送周期と特典
**********
【定期便の内容】

・美濃加茂茶舗おすすめの茶葉 1〜2種類(月替り)
 ※茶葉の量は、その月のお茶の種類によって変動します
・お試し1煎パックが付きます(250円相当/茶葉タイプ)
・お申し込み初月のみ「WORKERS’BOX」に梱包して配送
・その月の東白川村の様子を撮影したポストカード
・美濃加茂茶舗便り
・オリジナルステッカー

【配送周期】

1 ヵ月に1回お届け(毎月予定)
※定期便の発送は毎月「第2月曜日」を予定しております。

【定期便会員様向け特典】

・オンラインストアでのお買い物がいつでも10%OFF
(繰り返し使えるクーポンコードを発行します)
・会員様向け茶畑ツアーにご招待(2022年5月頃に予定)※交通費は各自ご負担にてお願いします。

通常販売できない限定生産の茶葉や、発売開始前の茶葉を先行でお届けする月も予定しています。

・月変わりでいろんなお茶を少しずつ楽しみたい
・どんなお茶を選んだらいいか分からない
・選ぶ手間を省きたい

という方にもおすすめです。

**********
(3)先月から始まった新規入会特典と「美濃加茂茶舗便り」
**********
入会特典として、お申し込み初月は
デスクを整理して仕事に集中できるワークツール「WORKERS'BOX」に
梱包してお届けすることになりました。

通常はプラス550円の配送変更オプションである「WORKERS'BOX」が無料になる特典ですので、入会を迷われていたお客様にも、ぜひ一度お試しいただけたらと思います。

また、メルマガのカバー画像にあるように、その月のお届け内容や
日本茶についての豆知識などを掲載した
「美濃加茂茶舗便り」もはじめました。

少しでも、日本茶のある生活が楽しくなりますように!

みなさまからのお申し込みお待ちしております。