【送料無料】お試し5種セット(※茶葉タイプのみ)
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

【送料無料】お試し5種セット(※茶葉タイプのみ)

1,250 JPY

Free shipping

About other shipping cost

========== この商品は茶葉タイプです ========== 美濃加茂茶舗でお取り扱いしている5種類のお茶をすべて飲み比べられる【お試しセット】をご用意しました。 ひと袋につき、一回分の量の茶葉が入っています。(ひと袋の量で2煎楽しんでいただけます。) 少しずつ色々な種類のお茶の味わいを楽しみたい方や、いきなり容量の大きい商品を購入するのは不安な場合にご利用ください。 ちょっとしたギフトにもぴったりです。 おすすめの淹れ方は商品の裏面に記載してありますので、もらった方も安心して淹れることができます。 ※こちらの商品は送料無料です ※簡易包装のDM便(ポスト投函)での発送となりますので、お届け日時のご指定はできません。 【煎茶】 “0~100℃どの温度で淹れてもおいしく飲めるお茶”をテーマにブレンドした「煎茶」。迷ったらまず飲んでいただきたい、美濃加茂茶舗の定番商品です。 低温でじっくり淹れると清涼感のある甘み、熱々のお湯で淹れると茶葉本来の若々しく爽やかな香りが引き立ちます。 【ほうじ茶】 一番茶のみを焙煎した茶葉の芳醇な香りが格別。 熱湯で出すのが一般的なほうじ茶ですが、この茶葉は水出しや氷だしにも合うため春夏秋冬を通して美味しく味わうことができます。 熱々のお湯で淹れると香ばしい風味、少し湯冷まししたお湯で淹れるとまろやかな甘みを楽しむことができます。 【玄米茶】 炒った玄米と茶葉をブレンドして作られる玄米茶。 玄米茶は熱湯で淹れるのが一般的ですが、甘みの強い美濃加茂産の焙煎米「ハツシモ」を使用した美濃加茂茶舗の玄米茶は、お米の甘みとかぶせ茶を主体としたお茶の旨味を引き出すため「煎茶」のように80℃くらいの低温でじっくり淹れるのがおすすめです。 【萎凋煎茶】 ほのかに甘く華やかな香りが特徴的な「萎凋(いちょう)煎茶」。 一般的な煎茶は、茶葉が萎れる前に、収穫後すぐに蒸して酸化酵素の働きを止めて作られますが、「萎凋煎茶」は、収穫後一晩熟成し、微発酵させることで、花のような独特な香りをもつお茶になります。 【和紅茶】 「和紅茶」とは、国産茶葉のみを使用して作られた紅茶のこと。外国産の紅茶に比べ、渋みが少なく優しい味わいが特徴です。 ミルクや砂糖を入れてもお楽しみいただけますが、美濃加茂茶舗の和紅茶は特に渋みが少なく飲みやすいので、まずはストレートで茶葉本来の味わいを感じていただきたいです。 【仕様】 サイズ 幅7.0×高さ6.5×厚さ0.5(cm) ・内容量 煎茶/ほうじ茶/萎凋煎茶:5g 玄米茶:6g 和紅茶:3g ・賞味期限 煎茶/ほうじ茶/玄米茶/萎凋煎茶:10ヵ月(開封前) 和紅茶:18ヵ月(開封前) 【おすすめの淹れ方|ホットの場合】(煎茶・ほうじ茶・玄米茶・萎凋煎茶) 淹れ方動画:https://youtu.be/XW8zGdWUjN0 ① 1度よく沸騰させたお湯(約180ml)を湯のみなどの別容器に注ぎ、1分程度待ち湯冷ましをします(約 80°C)。 ※玄米茶は、湯冷ましせず熱湯(約90℃)がおすすめです。 ② 1袋(5g)の茶葉を急須に入れます。 ※玄米茶は、1袋(6g) ③ 湯気が穏やかに立つようになったら、茶葉を入れた急須にそっと注ぎ1分待ちます。 ④ 急須を振らずにゆっくり湯のみに注いだら完成。 最後の1滴まで注ぎ切ると2煎目もおいしく淹れられます。 (2煎目は1煎目より少し高めの90°Cくらいのお湯で、待ち時間は数秒) 【おすすめの淹れ方|「和紅茶」茶葉の場合】 ① 1袋分(3g)の茶葉を急須・ティーポットに入れます。 ② よく沸騰させたお湯(約180ml)を注ぎ1分待ちます。 ③ 急須・ティーポットを振らずにゆっくり湯のみに注いだら完成。 ※ミルクティーにして楽しむ場合は、待ち時間を通常より長めの2~3分とり、濃いめに淹れるのがおすすめです。 【保存方法】 茶葉は「湿気・高温・紫外線」にとても弱いです。 開封後は、密閉性の高い茶筒などの容器に移し替えて高温にならない場所で保存してください。 【関連商品】 ▼miyama / 宝瓶(ほうひん) 一人分のお茶を淹れるのに便利な茶器です。 https://minocamo-chaho.shop/items/5e9f2d1abd217868dfef1c0e ■領収書の発行について 領収書発行希望のお客様は、ご注文の際、購入手続きの確認画面「備考」の欄に領収書希望の旨をお書きください。 宛名や但書に特にご指定がない場合は、宛名は「ご注文者様氏名」、但書は「商品代金」となりますので、ご希望がございましたら、その旨もご記入ください。 ※宛名無記名や「上様」などの、受取人名義が不明になる領収書は発行いたしかねますのでご了承ください。 ※ご指定がない限り、領収書はPDFファイルにてお送りいたします。