NEWS

【定期便】設立一周年の感謝を込めて。4月号「煎茶×ハーブ」のこと。

昨年の夏から開始した美濃加茂茶舗の「お茶の定期便」。

世の中には色々な定期便がありますが、美濃加茂茶舗としては日本茶インストラクターでありお茶に精通する伊藤が、季節に合わせていろいろなお茶を紹介したり、飲み比べをしていただけるような通常商品とは違った楽しみ方ができる内容としています。

設立から一周年経った最初の月となる定期便4月号の内容は、いつも以上に悩みました。せっかくなら、これまでに無かった商品かつ、いつもの美濃加茂茶舗とは一味違うお茶にチャレンジしてみようとの気持ちを発端に、昨今のご時世で閉鎖的になった気持ちもふっと軽くしてくれるようなお茶がいいな・・・

そう考えたとき、ハーブティーの見た目や香りの華やかさが思い浮かびました。

「見ているだけで気持ちが明るくなるお茶を、一周年の感謝の気持ちとともに届けたい」

東白川村の茶師さんに相談してみたところ、我々の気持ちを受け、この企画だけのオリジナルのハーブティーをブレンドしてくれることになったのです。


萎凋煎茶をベースに、素朴さと華やかさが調和した草木香る美濃加茂茶舗らしいハーブティーができました

4月の定期便限定でお届けする「煎茶×ハーブ」は、新世紀工房茶師の森本さんと薬剤師の前田さんによるブレンドで作られています。

森本さんは美濃加茂茶舗のパートナーである「新世紀工房」の 茶師さんです。茶師とはお茶のブレンドや火入れを担当し、原料の状態だった茶葉を、市販できる状態つまり「完成品」へと導く人です。

岐阜県中津川市出身で、10年前に白川茶に出会い、東白川茶業に惚れ、生涯を捧げる職と決意したそうです。同じく新世紀工房の茶師 田口さんとともに、美濃加茂茶舗の商品開発を全面的にサポートしてくれています。

「茶師として茶をつくることに楽しさと喜びを感じる日々です。日本茶という日本を代表する嗜好品、そして”本物”に携われることに誇りを持ちつつ、古きものを大切に新しいことにも挑戦し続けています」

そう語る森本さんに、今回のハーブティーづくりについてお聞きしました。

(以下、地の文は森本さんのコメントとなります)

―――――――――――――――――――――

―――森本さんご自身、昨年からハーブティーの開発に力を入れていらっしゃいますがきかっけは何だったのでしょう?

日本全国、茶業界では「お茶が昔のように売れない」とよく耳にします。それはこの岐阜県の地でも同じです。確かにひと昔前と比べればお茶の消費量は減っています。お茶を普段飲んでいた層の方たちが、時の流れに伴い減少しているからという理由もあるかもしれません。

でも今、日本茶業界では全国のあらゆるところで様々な取り組みがされていて、若い方たちの中にもお茶への興味を持ってくれる層が増えてきている。これは身をもって感じています。
だから僕は、「お茶が売れなくなった」のではなく「お茶の売れ方が変わった」のだと信じています。

どんな形でも良い、ペットボトルのお茶でも、水出し茶でも、スイーツやラテなどの加工品でも…どんな形であれ「茶」に触れる、文化に触れる機会を、お茶を知らない人たちに提供したいんです。そこを入り口に、茶産地や人や物語に触れて、気が付いたら日本茶にのめりこんでいた。そんな人たちが増えたら…と日々思っている中でたどり着いたひとつが「ハーブティー」でした。

「白川茶×ハーブ」のきっかけは、とあるイベント。普段お茶を買わないような人でも、ハーブティーの美しい見た目や効能に関心を寄せ、購入をする姿を目の当たりにしたこと。そのハーブを東白川村のお茶にブレンドしたら面白そうだな…という遊び心が湧きました。

―――ハーブティーの開発パートナーの前田さんとの出会いや、惹かれた点を教えて下さい。

僕の出身地中津川市が拠点の薬剤師の前田氏とは、イベントでコラボしたのがきっかけで出会いました。「薬剤師が作るハーブティー」としてハーブティー専門店「Jasper Green」を開業しており、とても真面目な方です。若くして頑固・・・というか、信念をお持ちの人で、その姿勢に惹かれました。

今回、美濃加茂茶舗さんからのご依頼でハーブティーの相談をしたときも、きちんと今回用のテーマに対して「処方」をしてくれました。極端な話、薬の処方と同じです。彼は薬剤師なので、全てのお客様からの相談を聞き、その内容に合わせたブレンドを大切にしています。

しっかりとひとりひとりのお客様に向き合い、その人を想いながらお茶を出すって、僕ら茶人と同じだと思いませんか?

僕と前田さん、真面目で頑固な造り手・淹れ手のペアで、今回の一周年を記念する「処方」をさせていただきましたので、ぜひ美濃加茂茶舗のお客様にも楽しんでいただきたいです。

―――――――――――――――――――――

我々にとっても特別なハーブティー。たくさんの人に届けられたら嬉しいです。

4月号のお申し込みは【4/8(木)】までです。
よろしくお願いします。